スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとめ妖怪ざくろ 「第三話 かこ、哀々と」

さて、なんだかんだで秋始まりのアニメの中では一番気に入っているざくろです。

仕事に行く前に、きゃっきゃと草履を選ぶぼんぼりほおずきが可愛いです。
こんな可愛い二人と一緒に出かけられるガンリュウがうらやましい。

他の二組が仕事に行く中、残されるざくろアゲマキ

自分も仕事がしたい、と訴えるざくろに、櫛松アゲマキともっと仲良くなれと諭されます。

妖怪嫌いのアゲマキくんは、さくらときりにモテモテ。
高い高いをせがまれて、困惑しながらも遊んでやるアゲマキ
本人は必死なのだろうが、ざくろの眼にはただ子供と遊んでいるようにしか見えません。

腐るざくろアゲマキにつっかかりかけたその時、どうやら仕事の依頼を持ってきたらしい、おじさんがやってきます。

意気揚々と、おじさんと櫛松が話すのを立ち聞きする行儀の悪いざくろ
そのおじさんが、神隠しの相談をしてきたとあって、我慢できずに櫛松たちの前に現れてしまいます。
私が行く、と必死なざくろ。しかし実は櫛松はざくろをその仕事にいかせたくないのでした。

というのも、ざくろたち半妖は、
神隠しに遭い、戻ってきた人間の妊婦から生まれるとのこと。

まるで妖精の取替えっ子の話のようですね。

その事情を櫛松から聞いて、ざくろに気を遣いがちなアゲマキ
電車の中では優しくミカンをむいて、ざくろに渡します。

アゲマキはー
無粋だけど、優しいんだよな。

そして村に着いた二人+豆蔵は、納戸のような部屋へ案内されます。

どうやらそこに、二人+一匹で寝泊まりしろと言うことらしい!
これはビックリドッキリハプニングです!!
あっという間に夜は更け…

ここからは入らないでよ!
ハイ、お約束です!!!!

男は夜になるとオオカミに変身するから的なことを照れながらいうざくろが可愛いですが、そこへアゲマキ、痛恨の一言。

君の方がよっぽど恐ろしい

まったく、このうっかり坊や、ホントお手上げです。
逆に、そんなところが好感を持てます。

怒るかと思ったざくろは、別の意味に取ってしまったようで
そうよね…半妖なんて…と、やけっぱち。
慌てるアゲマキは、さらに墓穴を掘ってしまいます。
そういう意味じゃないと、必死に弁解するアゲマキ。

今のはただ君の性格が…


ホントにこの男は。

可愛いですね。

しかしもはや、落ち込んだざくろは聞く耳もちません。
もうどんな意味だろうが関係ありません。
そして、自分のお母さんが実は二度目の神隠しにあって帰ってこないことを告白します。

手を握って慰めたいが、ここから入って来ちゃ駄目境界があるために、何も出来ないアゲマキ。
言葉で慰めるしかできないあたり、アゲマキ君の誠実さがにじみ出ているようです。

二人ともドキドキして眠れないオチはなかったようです。

そんな流れではなかったようです。

ざくろは前夜の落ち込みから復活せず、それを心配するアゲマキ。
ところが村の子たちが興味津々に後をつけてきて…

半妖が珍しいのかと思ったら、どうやらただ遊んで欲しかったようです。
コマで子供たちと遊ぶざくろを、優しく見守るアゲマキ。

村の子供たちの無邪気さに救われるざくろ。
そうはいっても、ちゃんと情報収集はしていたようです。
神隠しにあった人たちは、みんな何かに呼ばれているようだったと…
そういうざくろも、ふらふらと謎の声に呼ばれてしまいます。
アゲマキに掴まれ、正気に返るざくろ。
そしてその夜…
ざくろは謎の声に呼ばれて夢遊病患者のように、ふらふらと出て行ってしまいます。
それに気がついて豆蔵を抱え、必死でざくろを追いかけるアゲマキ。
見えているのに追いつけないのは、まるでホラーの逆バージョンですね。

必死で逃げていても、悠々追いかけてくる化け物に追いつかれる不思議。

全力疾走してもなぜか追いつけないアゲマキ。
そこへ、疾風をまきあげ、空を駆ける白い狐が。
どうみても櫛松さんです、ありがとうございます。

やっとのことでアゲマキがざくろに追いついてみれば、そこは洞窟の入り口でした。
豆蔵と軍刀はわかるが、
なぜ急いでいるのにミカンを持ってくる、アゲマキ!
そして、よかったら、と言ってざくろに渡すのは、
何がよかったら、なのだ、アゲマキ!!

しかしそんな寝ぼけたアゲマキくんの行動に、ざくろは微笑で答えます。

軍刀を手に、豆蔵をおんぶして、前を行くざくろに続くアゲマキ。
二人とも浴衣の寝間着が可愛いです。

奥に進むごとに、嫌な臭いが…
と思ったら、突如、奇声を上げてざくろに抱きつくアゲマキ。
洞窟の床一面には人骨が散乱していました。

そして、現れるもっそりとした妖怪。
軍刀が効かないと知って、豆蔵からいつもの刀を取り出すざくろ。

手伝えと言われて、歌を歌い出すアゲマキww
軍刀を渡され、臭いの元が妖怪の腹の中で腐っていく臭いだと聞いて、キレたアゲマキは軍刀を振りかざし、襲いかかるも…

あっけなく捕まるorz

が、妖怪の気をそらすのには役に立ったようです。
その隙に妖怪の頭に登っていたざくろの刀によって、無事妖怪は退治。

しかし、ざくろを心配して後を追ってきていた櫛松(白い狐)が見たのは二人の半妖でした。
どうやらこの一件は、自然発生の事件ではなく、ざくろを誘い込むために半妖が起こしたものらしく。
なにやら裏があるようです。
大きな事件の前触れだね!

無事帰ってきたざくろは、アゲマキと同室だったと豆蔵に暴露され、みんなにからかわれて赤面。
婚姻とものづくりにいい日だったし、って
ものづくりって子作りのことかーーー!
大人しそうな顔して、いいますな、すすきほたる

第二話 あか、煌々と

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

日本語も綺麗だし。
ちょっとやばいです。
本が欲しくなってきたかもしれない…
まだ5巻みたいだし、集めようかな…↓
おとめ妖怪ざくろ 5 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 5 (バーズコミックス)
(2010/09/24)
星野リリィ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : おとめ妖怪 ざくろ
ジャンル : アニメ・コミック

おとめ妖怪ざくろ 「第二話 あか、煌々と」

木に登る幼いざくろ。
柿を枝から取った瞬間に、木の下にいたすすきほたるの姿が…

柿の木にむやみに登ってはいけない。
柿の木は黄泉の国へとつながっている。

いやいやいや。
マジな話、飲まなくていいと思うんですよ。
別にね。
和食に牛乳は無理に飲まないでいいと思うんです。
パンならいいですが。

食欲を無くして席を立とうとするざくろにおもむろに蝋燭を差し出すアゲマキ。
なぜに蝋燭。
は?
は??
蝋燭なめろってか!!

アゲマキお馬鹿ですね。
ほんと、お馬鹿ですね。
キツネの妖怪は蝋燭なめるって、ものすごい偏見ですが、文献を紐解いて妖人を知ろうというその姿勢は素晴らしいですね。

アゲマキ、オバカですがとてもいいですね。

妖人が出るというホテルの工事現場の調査を依頼される7人。
ざくろはトコトン、バテレンが嫌いなようです。
汽車を見る目は冷たい。

現場についた7人はハイカラな応接室に通され、支配人(?)の説明をうけます。
ちょび髭の、見るからに意地悪そうな支配人(以下とりあえず断定)です。

調査の筈が、退治を依頼されます。
悪さをしていなくとも、存在がそもそも迷惑なのだという支配人。
「妖人相手にそんな必要在りますかね」
妖人であるお嬢さんたちの前で、そんなことよくいうな。

組に分かれて調査をすることになった7人。
両脇をぼんぼりとほおずきに抱えられるガンリュウは、前回よりは進歩したようでその頬は赤らんでおりませんでした、隊長!

朝の蝋燭の一件が気にくわないざくろは、アゲマキと別れて捜査をしようとしますが、妖人怖いアゲマキはざくろから離れたくありません。
しかし、

「私のほうがこわいわよ。なにしろ私の好物は、蝋燭なんだから」

怖い~
ざくろ怖い~
めちゃくちゃ笑えるwwww

さて、うまくいってるカップル。
すすきほたるとリケン。
躓いたすすきほたるを助けるリケン。
「不思議だな。こんなに華奢な腕で、あんなに見事な戦いをやってのけるとは」
そう言ってリケン、すすきほたるの腕を放しません。
なんぞ、やっぱりこの人が一番のタラシのようです。
真面目にタラシです。
ギャグ要員のアゲマキくんとはエライ違いです。
そして、すすきほたるはざくろへの思いを語ります。

っていうか…
実際妖人相手に刺したり殴ったりはざくろしかやってないことないっすか?
後の3人はフォローじゃないっすか?

意外にお転婆なぼんぼりとほおずき。
ガンリュウくん、どちらがどちらか、区別が付くようです!
すごいぞ、ガンリュウくん!
二人を嫁にもらえる資格が出来たわけですね!

可愛く遊ぶ三人組のところへ、出てくる妖人。
あれ?
出てくるだけで悪さしないんじゃありませんでした?
ものっっすごい圧迫感なんですが。
ゴーレムみたいなんですが。
しかし、出てきただけでどっか逃げていきましたが。

アゲマキは一人でさっさと行ってしまったざくろを探して工事現場を探索中。
そこへ、現れるさっきのゴーレム。
驚くアゲマキを脅してはやめ、脅してはやめ…
ゴーレムは驚く様子を楽しんでいるようです。
ある意味悪さだが。
見かけが怖いので、アレだが。

顔をなんども突きつけてくるゴーレム。

その様子をみて、ざくろは戦いを決意しますが、以外なのがアゲマキの反応。
ゴーレムはおびえているのではと指摘します。
スルーされるアゲマキ。
しかし、当然誰よりも妖人の気持ちがわかるざくろが、妖人の見誤るわけもなく。
妖人をではなく、ホテルを潰してしまいます。

ざくろにアレを出せと言われてもピンとこないアゲマキ。
っていうか…
蝋燭持ち歩いてるのかよ…

可愛い!!!
まさかの可愛い妖人の姿!!
腹がたまらん可愛いです!!!!
ぽんぽんにスリスリしていいですか!!!!!
寝っ転がして、スリスリしていいですか!!!!


妖人の正体は神社に住んでいた可愛い妖人でした。
神仏妖怪だからね!!

ええええ~
この流れで。
ざわめく群衆。
ざくろのあの言葉があって。
妖人を責める言葉しか出ませんか。

そこへ通りがかったハナダテ中尉。
ハナダテ中尉はかなりの地位にあるようです。
独断でホテルの地所を神社に戻し、軍用地を代わりに貸してくれるとか。

決断力があるハナダテに感謝され、握手を求められたざくろ…

ざくろ

惚れっぽい!!


今度はハナダテ中尉にぽーっとなってます。
意外に惚れっぽすぎるぞ!!!
ざくろ!!!

しかし、ハナダテ中尉がなにやら企んで見えるのは、私の見方が穿っているのでしょうか。

風呂上がりのざくろ、可愛いです。
前髪あげたアゲマキもかっこいいです。
あの、自立しないビンはラムネ?
縁側に並んで座って夕涼みの二人。
可愛いです。

なんだかんだで。
どうやら今秋のアニメの中で、意外に一番気に入っているかも…
ざくろは可愛い上に強いし。
アゲマキは男前なのにへたれだし。
他の5人もそれぞれいいし。
人の姿でない妖怪もたくさん出てくるし。
軍服も見られるし。
着物も出てくるし。
レトロだし。

第三話 かこ、哀々と
第一話 いざ、妖々と


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

おとめ妖怪ざくろ 2 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 2 (バーズコミックス)
(2008/09/24)
星野 リリィ

商品詳細を見る

テーマ : おとめ妖怪ざくろ
ジャンル : アニメ・コミック

おとめ妖怪ざくろ 「第一話 いざ、妖々と」

歌う少女たち。

主人公のざくろvsミノタウロスみたいな怪物?妖怪?
何倍も大きい相手に圧倒的な力で勝つざくろ

そして始まるOP。

これは、アレですか。
また事前に知識なしで見てますが、妖怪はみんなあの耳があると思ってOK?

OPがあけ。
この世界はどうも妖怪…いや、妖人が当たり前に認められている世界のようです。

偉いのであろうおじさんの前に立つ三人の青年。
正統派美青年、男臭い男前、ショタ向け美少年、と、基本の3パターンです。
真ん中に立ってる背の高い軍人さんが金髪なのは、どうもはいからさんを思い出します。
少尉みたい。
と、思ってたらやっぱりこの金髪の青年も少尉でした。

ハゲマキ?ハゲ?

ヨウジンショウは妖人省か?
その妖人省とやらに配属されることになった三青年。

可愛い顔をして、妖人が言うことを聞かないならビシッと制裁、とか言ってるあたりドS設定でしょうか。

妖人省にやってくる三人の将校。
顔合わせは試合前の整列のようです。
可愛いお嬢さんが並んでます~
耳がある以外はただの少女、と思っている金髪青年に、いきなりガン飛ばすざくろ
ビビる金髪くん。

さて、ここで公式サイトでキャラの名前をチェックしてきました~

ざくろ⇒西王母桃(なんと、すごい名前でした!)
すすきほたる⇒薄蛍
ほおずき(ほうせき、と聞こえた)⇒鬼灯
ぼんぼり⇒雪洞
アゲマキ⇒総角 景
ヨシノカズラ⇒芳野葛 利劍
ハナキリ⇒花桐 丸竜

だそうです。
でも、到底よめないので女子は平仮名、男子はカタカナでいきます。

ショタ少年ハナキリは史上最年少元帥も夢じゃない、などと大きなことを語ってぼんぼりほおずき姉妹からいばりんぼと言われ、接近されて顔を赤らめているのは、実は女性が苦手とか?

アゲマキくんは生まれながらのたらしのようです!!

まぁな、薔薇の花飛ばすような男はタラシに決まってますが!

妖怪が苦手のようですが、それでもフェミニストを崩さないあたりさすがタラシ!
タラシの名に恥じませんね!
しかし、向かい合った相手とコンビを組むって、お見合いパーチーのようですね!!

大きな男の人、怖い、とか言ってるところに当の本人が!
ヨシノカヅラ君が通りがかりますが、スルーです!!

苦手どころか、アゲマキは怖いのかよ!
薬を持ってきたざくろに対して、青ざめ後じさるアゲマキ
しかし怖いながらもすかさず薔薇を飛ばして取り繕うところはさすがタラシです!
っていうか。

食べねぇだろ!!

妖怪怖さに限界を迎えたアゲマキ。廊下を歩いていると奇声が…
ふすまのむこうから見えたのは、巨大な置き狸が飛んできる姿でした。

人間としてのプライドにかけて、自分を奮い立たせようとするアゲマキの前に、次々と異形の妖怪が現れます。

恐ろしさのあまりヨロヨロになるアゲマキは、廊下であった風呂上がりのざくろに倒れかかるように抱きつき…



って、オイ!アゲマキ!!

下かよ!!

我慢できないって、シモかよ!!

トイレかよ!!



風呂上がりの乙女に抱きつき、厠のリクエストだと!

しかも、ガン飛ばしてた時から半日ほどしか経っていないとは思えないほど、タラシ効果にやられてその気になりかけているざくろに対して、デリカシーのかけらもない!!

これはアレですね。
ギャグアニメなんですね。
ボク、妖人怖くて一人でトイレにいけまちぇん~
男前なのに、泣き叫ぶハゲ…いや、アゲマキくん。

おお、耳のあるお嬢さんたちは、人と変わらぬ姿をしていると思ったら、半妖であるようです。
なるほど~

牛乳で!
何じゃソレ!!
和食に牛乳はやめてくれ!!

エバリンボガンリュウくんはぼんぼりほおずきに始終くっつかれて顔が緩みっぱなしですよ!

そして、二日目は花見を行うようです。

そして、お花見用のお重を探すすすきほたるちゃんを、さりげなくフォローするヨシノカズラくん。
後ろから優しくそっと取ってくれただけでなく、怖いと言っているのを聞かれて気まずい思いのすすきほたるの前に跪きます。
オイ!アゲマキ!負けてるぞ!!
こっちの方が、むしろ天然のタラシだぞ!!!


そして、最初はドSな台詞を言っていたガンリュウくんは、実際は姉妹に翻弄されてばかりです。
自分の失言を慌ててとりつくろうところなんて、可愛いじゃないですか。

花見は外で行うようです。
ビニールシートより、ゴザの方が風情があっていいなぁ~
ゴザ風ビニールシートとか、流行ませんかね。

だがしかし。
そのゴザを広げる暇もなく、雷獣?が出現です。
なにやら通常は危ない獣ではないようですが、今回は様子が違う模様。
無邪気にさくらときりを、妖人嫌いなのに間一髪で助けるのはさすが相手役(他になにかいい言い方はないか~)です。

早く逃げろといわれるが、格好をつけたのはそれまで!
腰が抜けてるアゲマキ!!
ナニそれヘタレすぎるぞ!!

しかし、小さく可愛いきりとさくらの口から桜の枝が出てくるところは、確かにホラー!!
そして始まる舞のような妖人退治。
桜の枝が包丁の角を丸めたような短刀に変わり、妖人雷獣を貫きます。

悪心を斬ったということなのか?
大人しい妖人に戻った雷獣を交えた花見が始まる中、アゲマキは浮かぬ顔。

ショタガンリュウにヘタレといわれて傷心か!!(そんな訳はない)

ガンリュウ君は一体いくつなのだ。
酒ぐせが悪そうです。
しかし、酒を飲んでよっても姉妹に逆らえない、
お前もヘタレだぞ、ガンリュウ!!

ヘタレな男前はイライライライラしますが、程度によっては嫌いではないです。
アゲマキくんはギャグ担当のようなので、全然許容範囲だ。

第二話 あか、煌々と

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)
(2008/01/24)
星野 リリィ

商品詳細を見る

テーマ : おとめ妖怪 ざくろ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

こーたろぅ

Author:こーたろぅ
こーたろぅ は漫画・アニメ大好きです。
トラックバック大歓迎、リンクフリー
どうぞよろしくm(_ _)m
更新は主に土日のみになりそうです…
greeにハマッてしまったが最後…orz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アマゾンお勧め
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ランキング
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス m(_ _)m
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。