スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心霊探偵八雲 「FILE02 白狐の祟り」

さて、全然怖くなかった第一話ですが、今日は休みなので第二話も明るい中での視聴です。

古い神社を取り壊し。
こういうときに出るのは幽霊の話…というか、祟りの話というわけで。
夜に工事現場にいる二人の作業員の前で、心霊現象が起こります。
日本の心霊といえば、やはり狐。
稲荷神社なんだから、余計に狐。
狐は必須です!

ところ変わって大学の部室。
八雲はどうやらこの部室で寝泊まりしているようです。
自宅に帰らないなら簡易ベッドでも置けばいいのに~
って、さすがにそれだとバレバレでやばいですか。
建前上、やばいですか。

どうやら八雲晴香は連れだって、友達のミキの様子を見に病院へいくようです。
そうだよね~
もともと、ミキのこと助けてっていう依頼だもんねー
自分たちを殺した碌でなしが捕まったことを聞いて、成仏?する女子の霊たち。

二万ウン千円って…そうだっけ。そういや、有料とか言われてたんだっけ。
それを払うためにバイトを始めたアピールをする晴香ちゃんに、もういらないよ~という八雲
なんだ、いい奴じゃんと思ったら、ミキちゃんのお父さんにもらったようです。
ホントかな~

しかし、バイトってつい最近始めたんでしょ~?
そりゃあ、すぐやめるとか言ったら止められるわな。
雇った方としては迷惑だもん。
仕事覚えたと思ったらやめる訳ですからね。

バイト先は和風な食事処。
「友達の話」といいつつ、バレバレな本人の恋愛話を店長?に相談していたところへ、やってきたのは車いすのオッサン。

偉そうなオッサンだな~と思っていたら、どうやら晴香ちゃんとは顔見知りのようです?

こんなオッサンの説明あったっけ?
単に常連客というだけなのかな?
とりあえず、神社の工事を推し進めている企業の社長だとはわかった。

神社の怪事件の噂を聞いた晴香は、バイト終わりに現場に寄り、そこで狐火と共に現れた、白い狐のお面をした着物の女性を目撃します。
逃げる晴香の前に現れたのは、八雲と同じく赤い左目を持った僧侶。

と、思ったら、八雲のおじさんだったよ!!
赤い瞳もコンタクトだったよ!

そして、なぜか二人はおじさんのお寺へ。
むしろ、怖い想いをしたお嬢さんなんだから、家に送ってやって欲しいわ。

うん?
実家の話聞く場面とかあったっけ?
晴香ちゃん、家には帰らない、っていうあれか?
しかし、家には…が、おじさんのお寺だと、なぜ知っている?
道々聞いてきたのか?

寺には滅多に帰らないという八雲の姿がありました。

そして、耳が聞こえないが人の気持ちがわかるという八雲の従妹になつかれる晴香。
本を借りにきたという八雲は、晴香の存在はスルーしたまま帰って行きます。

再び神社にやってきた晴香。
神社には偉そうな社長の姿が…

そこで、白狐の仮面をした女性の霊を見たことを聞いた社長は、自らの過去を語り始めますが…
うん?
その霊が自分に関係のある女性だと、お面がきっかけでわかったかと思ったのに、お面出てきた?

うーーーーーーん…

結果、心霊現象はお面の女性以外は人的現象だったわけですが…

オッサンに感情移入できないおかげで、感動話に感動できなかった。
もうちょっと、原作未読な視聴者にも丁寧な解説が欲しい。
そりゃあ、わかりますけど…
もうちょっと、教えてくれない?って感じです。
説明不足感半端ない。
前後二回ぐらいに分けてほしいぐらいです。

でも、あれですか?
これからが本編ということですか?

一話目から出てきてる、両目赤いおっちゃんとか、来週ぐらいから活躍しそうですもんね?
そこまではプロローグだからサクっと行きたいって、そういうことなんでしょうか?

FILE03 トンネルの闇
FILE01 開かずの間

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)
(2008/03/25)
神永 学

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 心霊探偵八雲
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心霊探偵 八雲 第2話 「白狐の祟り」

晴香はまた幽霊な事件に巻き込まれます(^^; そういうシリーズのヒロインといえ凄い幽霊的中率ですよね(笑) バイト先近くの移転中の神...

心霊探偵 八雲 FILE02『白狐の祟り』

1話ではそんなに気にならなかったんですが… 今回のようにそれなりの年月かかった話の場合は 前後編でも良かったような気がしますね。何か勿体ない。 心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)作者: 神永 学出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2008/03/25メディア:…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーたろぅ

Author:こーたろぅ
こーたろぅ は漫画・アニメ大好きです。
トラックバック大歓迎、リンクフリー
どうぞよろしくm(_ _)m
更新は主に土日のみになりそうです…
greeにハマッてしまったが最後…orz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アマゾンお勧め
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ランキング
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス m(_ _)m
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。