スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ REVERSE 「第四話 荒野幻灯台」

「ここを離れろ」

ボイラー室のようなところでネジを締めているラグの頭に流れる不思議な声。

ボウッとしているところへ、やってくる老人。
老人をラグは「おじいちゃん」と呼び、おじいちゃんはラグを「ルーグ」と呼びます。

ボケ老人かよ!
ラグを自分の孫と勘違いかよ!
と、思っていたら、実際別人のようです。
ビックリ。
いくらなんでも似すぎ。ビックリ。

声も一緒だし(当たり前)
ビックリ。

少年とおじいさんは、この荒野の真ん中にある灯台を守って二人で暮らしているようです。
ビーぐらいしか、ここにこないという。

その夜。
いつもの「ここを離れろ」
と言う声と共に、足下に現れた4つの眼を持った黒い影。

ええええ。
この部屋に入ったことなかったかって。
どう考えても、生まれ育った子が入ったことないって…

ああああ、もしかして、そういうこと?
やっぱりラグだと思ってよろしい?

夜も更け。
寝ようとするローグ(ラグ)は自分の腕や体に身に覚えのないアザを見つけて自分の記憶の齟齬に気付く。
襲ってくる黒い影。

そして徐々に記憶を取り戻す、やっぱりラグ。

おじいちゃんは自分のおじいちゃんなのではなく、ラグはいつものようにビーの仕事でこの近くに来たこと。
そして、噂に聞くジギーがこの近くに仕事で来ているとしって、会いたくて足を伸ばしたこと。
そこで幻灯台を見つけ、その頂上に鎧虫を見つけ、退治しようと塔に入った瞬間に、おじいちゃんの残した日記の記憶に取り込まれたこと。

黒い影はニッチと頭上のステーキだったのか!
そっかー。

ジギー
こんなに出てきてるのに、まだラグと会ったことなかったのかーーー

ジギー格好良すぎやろ。
結局バイクにまたがって颯爽と登場したジギーによって、鎧虫は退治されました。
しかし、それ以前におじいちゃんの日記に全く影響を受けていなかったニッチが鎧虫を切り刻んでいたようで。
可愛い。
ジギーに礼を言われて目をキラリンなニッチ可愛い。

で、また泣くかラグ!
おじいちゃんの優しさを思い出して、泣くラグ。
優しいのもいいが、強くなれよーーー。

ラグはジギーのバイクの後ろに乗せてもらい、街へ。
「また会おう、ラグ」
↑この時の!
この時のジギー、マジ格好良かった。

その後の小さな三人のビーのやりとりが最高に可愛かった!
馬役のコナーにまたがり、ジギーの「また会おう」のまねをするラグ。
それを見て格好いいと興奮するザジ
馬にされても気になるのはご飯のコナー
めっちゃ可愛かったっす!!

ジギーも格好良くって、子供たちも可愛くって、お腹いっぱいだな!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


テガミバチ、ジギーで検索したら、こんなのあるし↓
テガミバチ ジギーTシャツ ブラック サイズ:Mテガミバチ ジギーTシャツ ブラック サイズ:M
(2010/12/01)
コスパ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : テガミバチ REVERSE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーたろぅ

Author:こーたろぅ
こーたろぅ は漫画・アニメ大好きです。
トラックバック大歓迎、リンクフリー
どうぞよろしくm(_ _)m
更新は主に土日のみになりそうです…
greeにハマッてしまったが最後…orz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アマゾンお勧め
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
ランキング
広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス m(_ _)m
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。